会社は銀行に融資してどんな資料を必要とします

会社は銀行に融資してどんな資料を必要としますか?
よんしよ、財務諸表の財務諸表を含む両方内容:前年度の貸借対照表、損益計算書と財政状態変動表;本期の貸借対照表、損益計算書。
(さん)検証報告書及び会社定款。また、法人としての身分証明書やコピーを提供することが必要です。もし他の人の代わりに、法人署名は、まだ必要提出私の身分証コピーや法人授権委托書(授権書さえあれば法人直筆サイン入りして蓋をして実印)。
ろくや保証融資必要提出資料若と保証会社と協力し、保証を提供する必要単位は営業許可証のコピーやコピー、組織機構コード証とコピー、税務登録証明書及びコピー。除証明書以外にも、保証を提供する必要単位の財務諸表を含め、前年度の貸借対照表、損益計算書と財政状態変動表、今期の貸借対照表、損益計算書;保証単位同意保証の証明書、蓋をして公印必要。
(いち)の営業許可証のコピーやコピー、組織機構コード証とコピー、税務登録証明書及びコピー。
5、法人及び企業関連資料の企業データについて:
1、借り入れ申請表。
さん、ローン申請報告ローン申請が記載された報告を下記の内容が企業の基本的状況を含む、登録資金は、企業の性質、隷属関係、事務所、連絡電話、連絡先、メイン業務及び企業紹介。企業法人概況を含め、氏名、性別、文化の程度、専門の職名、かつての職業や職務、何の実績など。詳しく書か清借金額、用途、期間、返済方法及び保証形式や、プロジェクトの実行可能性については、販売契約添付の報告、企業の財務状況などを含め、貨幣資金、在庫量、負債総額は、所有者持分合計、総資産、当期純利益や最近一年累計利益総額。
企業の貸出は主に固定資産の購入、技術改造などの多額長期投資に用いられて。じゃ、会社は銀行に融資して何の資料が必要ですか?
(に)企業信用情報収集システム、個人信用情報収集システム法人代表信用報告、有効期間内の信用格付け評価の証明書のコピー。
2、ローンカードとコピー件。ローンカードの運指法の定証明機関の設立を合格した本企業への融資を証。

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 会社は銀行に融資してどんな資料を必要とします

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成