小マイクロ企業の申請のローンは難しいですか?

銀行は4つの面から考察小マイクロ企業信用状況:1は銀行のクレジットは、主に企業の現金決済業務を見に違法決済かどうか規律、罰金などが、以前の銀行ローン返済期限経過などの状況があるかどうか;2は商業信用、主見たら会社かどうかで規定に基づき履行義務なのか、時間通りに債務を弁済して;3は財務信用、主に見て財務諸表の真の信頼性の高いかどうか;4は納税信用、主に企業があるかどうか見て脱税納税の記録。小さいな企業はこのいくつかの方面に良好な実現することができて、そんなにローンを離れてももっともっと。
もし貸付資金不足、きっと制約企業は発展して、しかし多すぎるローン資金コストを増加することができるだけではなくて、その上も資源浪費。
確定合理的な融資期間が必要なので、期限が長ければ長いほどの利息支出が多いので、借金企業に応じて自分の実際の情況を確定さ合理的な融資期間。
(2)資金はどのくらいの回転が必要ですか?
現在多くの銀行に特化した小さなマイクロ企業一連のローン商品ですが、違う製品要求も大きく異なるので、企業主セレクトローン製品に家を見つけると対比して、自分の才能を高める事務効率。
(1)自分はいくら資金が必要なのか。
小さな小さな企業は貸し出すが難しいと言われ、技術を身につけていないため。
小さなマイクロ企業なら貸前を合理的な融資プログラムの効果に達することができて半分の労力で倍の成果が、立案の過程の中では以下の2つの問題を考えざるを得ない:

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 小マイクロ企業の申請のローンは難しいですか?

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成