2017年天津銀行の個人経営の類の貸出は、貸付け業務を取り扱う

天津銀行の個人経営ローン、個人経営で住宅ローンの融資と個人経営性不動産ローンの自然人。
20万元、貸出契約の余剰期限は少なくとも6ヶ月(含む)である、
第二歩:“個人経営の類の貸出は、貸付け業務の業務”の作業の機関の調査の許可を調査する、
(4)は天津銀行に委託返済の返済方式を採用する、
第1歩:借り手は「個人経営類の融資を殘する業務」として申請する、
目標顧客:
(5)各協議口座には、1筆関連借款に対応することしかできません、
天津銀行は各支店機構にも取り扱って、具体的に次の通り:
申請条件:
(いち)首笔(を含む新たに)貸出額よりさんじゅう万元、ローンの契約期限をじゅうに最少月(を含む)、
借主(3)借主信用記録良好、
(6)関連融資を正常に融資する。
申告の流れ:
第三歩:“個人経営の類の貸出は、貸付け業務”の作業機構を取り扱って業務を取り扱う業務。
個人経営ローン預金業務に類は天津銀行貸付と個人経営類締結『個人経営ローン借入人類ローンに貸業務し協定書」は、契約による指定口座殘高及び協議は普通預金口座関連の個人経営類貸出額場合は、預金の値上がり収益補償借入金利の業務。それでは、2017年天津銀行個人経営のローンは、貸付け業務にどのような処理をしますか?

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 2017年天津銀行の個人経営の類の貸出は、貸付け業務を取り扱う

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成