一番実用的なローンの住宅の手引きはここにありません!

3、自分の返済方式に適している
2、適当な貸出銀行を選択する
返済は必ずタイムリーにする!直ちに!直ちに!大事な事は3度と言う。毎月返済する前に自分の口座を確保するために十分なお金を納付する。くれぐれも自分の油断を逃したの控除の日。銀行遅延利息は次に、銀行に殘した記録が真珠を以て雀を射る状況及び処理。
以上の何時は小編を皆さんの希望を、これらの住宅ローンの小さい知識までみんなを助けることができる、以後の家の中で必ず注意とか追加融資。
選択の住宅ローン銀行のサービスの種類が多ければ多いほど細い、あなたが獲得した個人金融サービスが柔軟で多様な、豊富なサービスと製品グループが一定の程度の上であなたの負担軽減ローン。だから、住宅ローンの融資銀行を使用する時、かまわなくどれだけ理解によって銀行はこの方面の**と要求を選択して、あなたにぴったりのよい。
個人住宅ローンを申請する時、自分の現在の経済力や返済能力正しい選択の額と同時に、将来の自分への収入及び支出する客観的な予測は、壱盲目的楽観。
5、一定時間に返済しなければならない
経済の発展に不動産市場の繁栄し、住宅ローンの出現は、ますます多くの市民が自分の夢を実現した家。しかし、初めて家の「初心者」級のバイヤーにとっては、住宅ローンの過程の中で何か注意することは、どんな資料を提供しても、おそらく当惑する。
4、真実の資料を銀行にあげる
君はもういいと言ってくれたから、小編集はもういいよ!以下、小さい編と一緒に見て、住宅ローンのローンの購入には何か注意が必要です!
個人住宅ローンを申請する商業、銀行の一般要求借り手提供経済収入証明、人にとって、本当の人を提供しなければならない職業、職務と最近の経済の収入状況証明。もしあなたの収入が一定のレベルに達していない、あなたは十分な能力の返済は、誇張自分の所得水準が返済期間が違約現象で、しかも経銀行の調査を提供する証拠と虚偽の証明が、銀行の信用度が大幅に下がってあなたに対して低い影響を自分のローン申請。同じ、もし引っ越し元住所、きっと更新銀行での連絡先や連絡先を確保するために、あなたを受け取ることができることを銀行からの情報。
現在は基本的には2種類の人の住宅ローン返済方法:一つは無風元利返済する方式で、もう一つは無風元本返済方法。この2種類の返済方法を知るの違いや長所と短所に最適の決定は、後日返済が相対的にほど疲れたよ。
1、力によって、貸出限度額を申請する

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 一番実用的なローンの住宅の手引きはここにありません!

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成