個人ローンの乾物はここにいる

最も重要なのはあなたの返済能力は、返済能力は決めるいくら貸し出す、貸どのくらい、どのようにまだ。一番重要な、自分の場合、分かっている借り手を作って。
ローンの期限について、家を買って車を買って、人民元安に考慮して、期限が長くなるほど良くなることを考慮します。その他の状況、主に資金の使用の総合あなた、あなたのためにこの時長い支払った金利の二つの面を考えて。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12月という選択。
額が分けて考え、1つは、家、車、1つは、投資、医療、回転、消費など。家と車を買って、額は重点の要素を考え、部屋、車の価格はそこで、あなたを考える必要があるのは払って何割頭金。
個人や家族が必要に融資の場合、例えば、投資プロジェクトに必要な資金の短い時間内にお金がかかり、医療、家を買うなど。資金の需要のある時私たちは、ローンチャネル、限度、期限、返済方式を選択しますか?
3、返済方式
返済方法は主に無風元本、無風元利、先にこの息後、いくつかの共通の方式。一般的に、信用貸付元本無風、無風元利の月の金利の範囲は0.3-3%。信用貸付抵当ローンもやはり無風元利や無風元金の利息を支払う必要が相対的に少ないが、毎号返済圧力が大きい。後に本毎号返済の圧力は小さく、最後に1期の滯の圧力がわりに大きい。
二、期限
しかし、消費、投資、回転などの状況を考える必要がある」、「この問題はいくら借りました。考慮するのか、それともあなたの返済能力は、多ければ多いほど、きっとあなたの返済能力以内。信用貸付限度額の制限があっても、住宅ローンもあり、例えば車にローンによってあなたの車両のバリュエーションあなたの額を確定する。
最も肝心な要素を考える必要があるのは債務返済比率(DebtServiceRatio)、つまり当期の返済を当期収入元利。言うのが更に分かりやすく、君を借りていくら、どっちの返済方法を借りて、どのくらいを考えて、あなたの返済能力。サラリーマンが結合月の給料や他の収入は、プロジェクトと商売の考え、投入産出比。あなたの返済能力を保証する。
1、限度額

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 個人ローンの乾物はここにいる

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成