防骗攻略:教え識別小額貸付会社の罠

に、無免許営業、会社名、無事務所で、正規の契約を提供できないと領収書など。詐欺師だけ提供携帯電話やURLを提供できない、この会社の営業許可証又は会社は投資経営範囲の不法形式は、借り手は偽りの罠。
今の市場の上の小額貸付会社が後を絶たないといえば、みんなローンより便利ですが、どうしてもいさごも魚交じり、多くの不正規の機関を利用し、プロセスの借り手に法律が実施相関詐欺熟知しないで、ちょっと注意しないあるいは欲張りは可能との詐欺師の罠。
以上はみんなのまとめは、いくつかの共通の罠に、もし私たちの迅速なスクリーニングたい、認識不正規の機関を通じて、より多く理解この業界の知識に慣れている貸し借りプロセス条件であり、定期的に注目ニュース、本当にようやく踏み雷を避ける。
さん、融資の希望条件を特に低要求しない身分証明書、収入証明などの基本的な貸付の情報。この人はどういう融資条件も満足の様子、借り手が必ず必要も警戒を高め。
我々は、これらの貸出機関には、どのような罠が設定することができますか?
いち、融資の前にはさまざまな名目で費用の徴収、たとえばいわゆる旅費、金利、手数料、弁護士費用、保証金など。一般的な場合、詐欺師はお金を受け取った後から逃げて、姿は見えない。正規貸出機関にとって、貸出前は有料で、最も基本的な基準で。

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 防骗攻略:教え識別小額貸付会社の罠

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成