内モンゴル呼包鄂ごじゅう余名の大学生ローンだまされる

ろく月じゅうさん日、オルドス市东胜区警察経済犯罪捜査を受けごじゅう余名の大学生部門と通報され、1名の女子に騙された。警察への通報を受ける後、东胜区の警察はこの詐欺事件の立件。
经查容疑者の賈ある(女性、にじゅう歳、东胜人)友達に対して、校友と称してある会社で出勤して、会社は毎月業績評価審査、もし業績不振がなければ、仕事をした。彼女は皆さんの助けをネットからローン会社のAPPに刷単ローン(すなわち学生下載APPローンソフトに登録するアカウント、ソフトウェアの要求に融資を申請する。ローンを申請会社の融資マイクロ手紙と宝を支払って転送被害者)は、彼女を助け完成業績として現金の奨励を獲得することができなく、返済。その後、彼女を詐取被害者用身分証に家のローン会社ローン3000元からに万元に、被害者はローンを彼女に、彼女は被害者数百千円の手数料。しかし、お金は、お金を定期的にネットローン会社に返済していないと承諾していない。ネットローン会社債権者は大学生を雇用して借金返済できないので、多くの大学生は、公安機関に届け出。賈ある警察の圧力に迫られて、ろく月じゅうさん日当局に自首する。
警察の初歩の検証、被害者は呼包鄂の3つのごじゅう余名の大学生。商人は60余件に達して、事件の金額は70万元元です。目下、この事件を調べているところです。

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 内モンゴル呼包鄂ごじゅう余名の大学生ローンだまされる

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成