全車種の車を買うは土豪?車のローンではあなたは知ってますか?

多種返済方式:
2、クレジットカードローン:
ローンではいい人はどのように言いますか?
カードローンと銀行ローンより必要ない抵当車両では、大きな緑には「車は住宅ローンの情報を受けない」から、ローン規制が自分で売買取引。
車を買う「罠」
まとめ:自動車ローン実は欧米先進国はすでに盛行した数十年、この方式は合理的に利用して手元資金の株式は、早めに必要な資源を楽しみ、生活の質の向上。しかし国内では、この理念はずっと人にはばかるさせ、敢えて実施させない。全体的に見て、もしあなたは理財が得意とするならば、そんなにローンを買って車を買うのはとても良い選択です。しかし同時に自分の実際に応じて返済能力を判断し、一時にできないために楽しめる自分の信用に不滅の汚点記録の中で。
返済期間内に数を融資総額等分し、毎月の返済額の元金と同等余剰ローン同月生まれた金利、毎月の返済額から本固定、貸付額が少なくなり、利息もますます少なく。利益は借り手は返済の圧力はわりに大きくて、しかし時間の推移に毎月の返済に数も少なく。
に、無風元利:
銀行から融資を受けて車を買って、という意味ではない支払い銀行融資前、車両は銀行の。銀行のリスクを低減のために、通常、自動車ローン契約に提出しなければならないとしていくつかのあなたの自動車保険購入ローン条件、これらの自動車保険の保険料が高いかもしれないのが多いので、申請自動車ローンに提案読みに関する保険約款。
インターネット金融は近年人気のローンの方式の1つ、他のルートと比べ、彼らの信用情報収集過程の最も簡単で、審査も最も速い速度とが、劣勢にも同様に明らかには、金利が高い。当面は自動車ローンのプラットフォームが自動車の金融、京東空手形、自動車ローン宝、宜手紙など。
自動車ローンを支払う必要が金利、一部購入時に購入ローンを自己に受け入れられる範囲の車両の友人、彼はただ自分の能力の返済を計算したようだが、見落としたの車を、車のコストによる圧力に倍増し、甚だしきに至っては無力で返済。あと4 S店利潤のために、さまざまな名前で様々な費の増加によって、車の購入金額に上昇し、全体的には利益を計算して下りてきて。
いち、無風元本:
さん、5050案:
手数料は4 S店から受け取ったので、一定の程度の上では固定的な、そして私たちをとの協議を店頭販売、手数料を減免または最小限。
手数料
よくあるいくつかのローンチャネル
多くの自動車金融会社が発売した無利子自動車ローンがなければならない、注意すべきことは、ゼロ金利≠0コスト!中には様々な「トラップがあるから」。
ここでみんなと説明にどうして4 S店より取引先セレクトローン:一般的に、4 S店に車を売りの利益が低く、ある贴钱車を売り(完成のために制定売上)、生存のために彼らが他の面でなければならない収入、ローンという手はその金を儲ける費を継続の主要なルートの一つ。
金融機関の一部は本当に無利子、免手数料を宣伝して、事実上も確かに金利や手数料を受け取っていないで、しかし本来優遇の車の価格はしか購入原価。20万前後の車両に対して、無形に約2万元の費用がかかる。
従来の銀行のローンは自動車ローンの中で最も伝統の1種の方式、利益は金利の低い、欠点は手続きが煩雑、貸し手の資質の要求は高いローン過程、くどい。
5050ローンは自動車ブランド金融の専用名詞に応用して、主に自動車金融会社の融資は、伝統的な返済方法から生まれた1種の個性化の返済方法。1年、月に少量の利息を供、1年後に1年後に1年後に1年後1年後に1年後に1年後に1年後に完済する。
3、自動車メーカー金融会社の融資:
、③原価
自動車メーカーの金融会社ローン通俗の言い方は自動車ブランド設立の金融会社の預金のユーザーに、伝統的な銀行融資に比べ、金利が少し高いが、審査のスピードが速くて、資質に貸主の要求は高くない。また、自動車ブランド金融会社が不定期の活動は、メーカーの割引後貸出金利も、状況により伝統的な銀行。
どうして一部の4 S店の選択ローンは全項に比べて、すべての車の特恵を選択するのは大きいですか?
5、ファイナンスリース:
主流の返済方法対比無風元本無風元利返済額を期計画の特徴5050逓減毎月返済額と同じ頭金使い捨て50%、殘り50%一年後に払って、中間は毎月利子を払う低金利が高い高い預金元本より無風機関は多種のルートは多種のルートに限ることも自動車ブランド金融注:ために束縛されて政策、活動の変化、以上の情報をご参考までに
一般の4 S店に提供する様々なルートのローン方式供ユーザーの選択、ありふれたいくつかの融資ルートが:伝統的な銀行ローンやクレジットカードローン、自動車メーカーの金融会社ローン、インターネットP 2 P金融融資とファイナンス·リースなど。
自動車リースは、ユーザとファイナンスリース会社リース契約締結のため、全車種の購入はファイナンスリース会社が負担してから、自動車の所有権をファイナンスリース会社は、ユーザーが毎月必要給付ファイナンスリース会社を使用する自動車のレンタル、リース期間満瞭後、更に車両譲渡のユーザー。ファイナンスリースのメリットは敷居が低い、審査スピードが速いと多額の頭金を払う必要がないだけで、金を利用する。
中国人は好きじゃないので早めた借金を、全車種の勘定の習慣ですが、若い人にとって、もう慣れ始め使用分割ショッピング。私たちは、私たちは、生活、生活、生活、それを助けることができると、お金をより高価な。
車は全車種の人がどのように考えて考えますか?
あなたは全項それともローンですか?お金は2つのポイントが多くなることを、多くの人が車を買う時にはすべて販売してこの問題を販売することができます。相対的に保守的な友達、大多数のやり方が土豪のように「分」全モデルを渡して、あれらの理財にたけている友達は「全車種の車を買うのは間違いないオサムシ」。そんなにローンで車を買うのはいったい何でしょうか。
現在の市場の上の多くの金融融資と分割払いの利息のだが、実際には一部の手数料は、全体の計算して下りてきて手数料と紙一重金利。
4、インターネット金融ローン:
ウサコの融資の主要なルートの後、私たちはもう読んで主流の返済方法、現在多くの返済方法は無風元利、無風元本、5050案など。
皆さんと交際の底に、現在のほとんどの金融融資機関は受け取って金利手数料だけなので、4 S店が受け取った手数料もただ店内の利益の手段。また、いくつかの4 S店も強制ユーザー融資期間を含む災害の購入について盗全車両商業保険、これもいいどうして解釈する選択ローンより優遇全モデルより大きな原因―羊毛は羊からしかとれない。
②強制自動車保険
例を挙げて、普通の市場の優遇のローン金利を4-5%もまた、ある割引、ゼロ金利で、いくつかの金融商品の収益率は7%よりも、そんなにお金でローンの資産管理として投資をして少なくとも2%以上の収益率。
1、伝統銀行のローン:

Original article, reprinted please note: ReprintLOAN

The link address of this article: 全車種の車を買うは土豪?車のローンではあなたは知ってますか?

文章的脚注信息由WordPress的wp-posturl插件自动生成